委託栄養士

給食委託会社の栄養士の仕事内容は?最初はほとんど「調理・仕込み・盛り付け・洗浄」がメインだよ。

給食委託会社の栄養士の仕事内容は?最初はほとんど「調理・仕込み・盛り付け・洗浄」がメインだよ。
新米栄養士
新米栄養士
給食委託会社の栄養士ってどんな仕事をするんですか?

 

という質問について

この記事では

新卒で給食委託会社に就職し、チーフ栄養士として働いていた現役の管理栄養士がお答えします。

結論から言いますと

給食委託会社に入ったら、栄養士でも「調理・仕込み・盛り付け・洗浄」が主な仕事内容です。

はじめに、給食委託会社とは?

はじめに、給食委託会社とは?ことから説明していきます。

給食委託会社とは

病院や福祉施設・保育園や一般企業などの給食・食堂の厨房運営業務を受託し、代わりに厨房運営を行う企業。

例えば病院が「給食部門の管理するの大変でめんどくさいから、給食委託会社にお金払うから全部よろしくー」的な感じです。

ちょっと余談を

給食委託会社と言われていますが、本来は給食業務を「受託」する側なので、「給食受託会社」が正しい表現ですが

委託する施設側から見ると「給食を会社に委託する」ので、給食委託会社と呼ばれています。

まあ、正直どっちでもいいですけどね(笑

新卒で給食委託会社に入った栄養士の仕事内容

委託栄養士として働きながら、管理栄養士国家試験に合格できた勉強方法
大学や短大・専門学校を卒業して、新卒栄養士として給食委託会社に入社し、まず行う仕事は

【 盛り付け と 洗浄 】 です。

施設にもよりますが、大抵は「盛り付けと洗浄」のみです。パートのおばちゃん達となんら変わらない仕事をします。

「盛り付けと洗浄」になれてきたら次は

【 調理 ・ 仕込み 】 です。

調理師は「調理と仕込み」がメインで、パートさん達は「盛り付けと洗浄」がメインで

なぜか栄養士は、「調理」も「仕込み」も「盛り付け」も「洗浄」も行います。

めちゃくちゃ都合のいいように扱われます。そうじゃないと現場が回りません。

同じ給食委託会社でも配属される現場によって全然違う

同じ給食委託会社でも配属される現場によって全然違う
最初はほとんど「調理・仕込み・盛り付け・洗浄」がメインだよ。と言いましたが

同じ委託会社でも、現場によって作業内容も変わってきます。

ある現場は、新人栄養士にいきなり現場のチーフをさせ、献立作成や発注・各種書類作成を任せてしまう現場もあれば

調理と仕込みのみで、栄養士なのか調理師なのか分からない現場もあり、実際に配属されてからじゃないとわかりません。

今お話した例は滅多にないですが、100%無いとも言えません。

オレの場合は、新卒として入社し初めて配属された病院(300床ぐらい)では

付加食と濃厚流動食の発注・管理・配膳が主な仕事で、パートさん達のシフト次第によって、洗浄や盛り付けにも入っていました。

さらに、調理師さんの人手不足におちいったときには、野菜の仕込みや調理も覚えらされて

「調理・仕込み・盛り付け・洗浄・付加食と濃厚流動食の発注・管理・配膳」をこなさなければなりませんでした。

しかも、配属されてから2年間、現場仕事しかしてこなかったのに、いきなり異動を命じられて「チーフやって」と言われ

「献立作成・発注・厨房運営」をやる状況に。異動して半年間ぐらいずっとミスをしっぱなしでした。

まとめ

同じ委託会社でも、現場によって作業内容も変わってきますが

新卒で栄養士として入っても「調理・仕込み・盛り付け・洗浄」が主な仕事内容です。

いきなりチーフ栄養士になる。という例もあるっちゃありあます。

あわせて読みたい
管理栄養士の国家試験を受験しようと思ってから、合格するまでにすること。
管理栄養士の国家試験を受験しようと思ってから、合格するための心構えや勉強法など【まとめ】「管理栄養士の国家試験を受験しようと思ってから、合格するまでにすること」 とか大それたタイトルですが オレが実際に 短...