おすすめ本

【小説】なろう発「本好きの下克上」の感想・評価は?ハマりすぎて何度も読み返えすほど面白いので、全国の本好きにおすすめしたい。

「本好きの下克上」 ハマりすぎて 何度も読み返えすほど 面白いので 全国の本好きに おすすめしたい
オレ
オレ
のおぉぉぉ

「本好きの下克上」面白いよぉ、面白いよぉぉぉ!

全国の本好きさんにおすすめしたい!!

ということで、この記事では

【小説】『本好きの下剋上〜司書になるためには手段を選んでいられません〜』を読んだ感想と評価についてお話しいたします。

アニメも放送され小説版を読んでみたいけど、ぶっちゃけ面白いの?と読み始めようか迷っている方へ

今すぐに読み始めてください。

「私はなんで今までこんな面白いものを読んでいなかったんだー!!」と後悔するはずです。

私は後悔しました。マジでおすすめの作品です。

web版はもちろん、発売中の書籍版も全て読み終わっていますが

ふと気が付くと初めから読み返してしまうぐらい私はハマってしまいました。

本好きの下克上のあらすじ

現代日本に暮らす本須麗乃(もとすうらの)は、念願である図書館への就職が決まった日に亡くなってしまう。

もっと多くの本を読みたかった、そんな未練を抱いた彼女は気が付くと異世界の幼女マインとしての体を持っていた。

物語の主な舞台となるのは、魔法の力を持つ貴族に支配される中世然とした異世界の都市エーレンフェスト。

厳格な身分制度の中、現代日本の知識を持つ少女マインが、本を手に入れるために出世していく。

参照:Wikipedia・本好きの下克上ページ。

さらにざっくり言うと

『本が好きすぎる女性が死んで転生した先には本が少ないから、自分で本を作って、本をいっぱい読むために頑張るよ!』

というお話です。

これだけだとあまり面白いよう感じませんが

異世界の生活模様や価値観、階級社会の設定は素晴らしくて

登場人物が多いけど、心境や設定が細かく描写されていて感情移入もしやすく

なろう系小説の中でも、めちゃくちゃ読みやすいです。

本好きの下克上を読んだ感想と評価

すでに、面白いという感想がだだ漏れしていますが

改めて本好きの下克上のどんなところが面白いのかを、客観的な視点を無視してお話していきます。

今まで読んできたラノベの中でもダントツに面白い!!

私はこれまで、メジャーどころのライトノベル

などを読んでおり、どれもそれぞれに特徴があって面白く順位なんて付けれませんが

本好きの下克上は別格です。何度も読み返したくなるのは「本好きの下克上」だけで、お気に入りの第1位です!!!

評価はもちろん

オレ
オレ

 星5つの満点

話が進むにつれて面白くなっていくから、最初の数ページで見切りをつけるのは勿体ない

「本好きの下克上」は、魔法は存在する世界観ですが俺TUEEEなバトル展開は無く

主人公がチートみたいな反則級の能力はもっていませんが

生前の生活の知恵や本を読んで得た知識によって本や色んな生活用品を作っていたら、いつのまにか貧民から下克上するお話です。

最初は、どんな世界で主人公の境遇を説明するだけなので、ちょっと退屈ですが

商人のキャラクターが出てきてから、話がグッと面白くなるので、そこまではぜひ読んでください!!

マジでそこから一気にキャラクターが増えて話が一気に面白くなります!!

ネタバレは言いたくないので、これぐらいにしますが、最初の数ページで面白くないと思って見切りをつけるのは勿体ないですよ。

正直言って【アニメ】本好きの下克上は微妙だった


私は主観的にも客観的に見ても、完全に「本好きの下克上」にドはまりし、沼に埋まっている状態です(ドヤっ!)

そんな私が「本好きの下克上」のアニメを観ていない訳ありません。もちろん1期は全部観ました。

そのうえで言います

正直言って、アニメの「本好きの下克上」は微妙でした。

絵の綺麗さとか、声優がキャラに合っていないとか、そんなのは正直いってどうでもよくて

なにが微妙だったかって

原作の良さをアニメでは出し切れていないんですよ。

プロローグとエピローグとSS(ショートストーリー)

小説「本好きの下克上」には、主人公以外の視点でストーリーは進んだり

同じストーリーなんだけど違う視点から語られることによって、より詳しい状況やキャラクターの心情を理解できるんですよ。

アニメで再現するのは難しいかもしれませんが

小説「本好きの下克上」は、この主人公以外の視点のプロローグとエピロード、さらにSS(ショートストーリー)が本編を引き立て、深みを出しているので

それが無かったアニメは正直言って、原作の良さを出し切れずに残念でした。

WEB版でも十分面白いけど、おすすめは書籍版


WEBの本好きの下克上はすでに完結しています。

まだ本好きの下克上を読んだことが無い方は、無料のWEB版から読み始めてもいいですが

おすすめは圧倒的に書籍版です。

なぜかというと

書籍版には、WEBには掲載されていない主人公以外のキャラクターの視点での物語や

巻末にあるSS(ショートストーリー)4コマ漫画など、WEB版では読むことができないコンテンツがあるからです。

最初にWEB版を完結まで読んだとしても、私はこのSS(ショートストーリー)が読みたいがゆえに書籍版を購入しました。

だったら、最初から書籍版を読んだ方が早いと思いませんか?

なので、本好きの下克上を読むならWEB版よりも書籍版の方が絶対的におすすめです。

Amazonの「kindle unlimited」なら30日間無料で本好きの下克上が読める。

現在発売されている、「本好きの下克上」全21巻(外伝や短編集を含めない)のうち一部(毎月読める巻数は変わりますが、1~3巻までは毎月読めます)を

「kindle unlimited」というAmazonの電子書籍サービスを利用し、”無料”で読むことができます。

この「kindle unlimited」は最初の30日間は無料で利用でき

30日間の無料期間中に解約すれば、一切お金がかかりません。

なので、本好きの下克上を読んでみたいけど、買うのは抵抗あるなー。という方はまず

「kindle unlimited」で最初の1巻だけ読んで、面白ければそのまま読めばいいし

面白くないと思えば、解約すればお金がかからず試しに読むことができます。

「kindle unlimited」の詳細についてはこちら

【Kindle Unlimited】を使ってみた感想とメリット・デメリット。本を立ち読み感覚でたくさん読みたい人にはおすすめ。という記事に書いています。

 

発売中の書籍


本好きの下克上は2020年2月時点で

本編21巻と、短編集1巻、外伝1巻が発売されています。

タイトルと発売日は以下のとおりです。

巻数 タイトル 発売日
1巻 第一部「兵士の娘I」 2015年1月25日
2巻 第一部「兵士の娘II」 2015年2月25日
3巻 第一部「兵士の娘III」 2015年6月25日
4巻 第二部「神殿の巫女見習いI」 2015年9月25日
5巻 第二部「神殿の巫女見習いII」 2015年12月25日
6巻 第二部「神殿の巫女見習いIII」 2016年3月25日
7巻 第二部「神殿の巫女見習いIV」 2016年6月10日
8巻 第三部「領主の養女I」 2016年9月10日
9巻 第三部「領主の養女II」 2016年12月10日
10巻 第三部「領主の養女III」 2017年3月10日
11巻 第三部「領主の養女IV」 2017年6月23日
12巻 第三部「領主の養女V」 2017年9月9日
13巻 第四部「貴族院の自称図書委員I」 2017年12月9日
14巻 第四部「貴族院の自称図書委員II」 2018年3月10日
15巻 第四部「貴族院の自称図書委員III」 2018年6月9日
16巻 第四部「貴族院の自称図書委員IV」 2018年9月10日
外伝1 貴族院外伝 一年生 2018年10月10日
17巻 第四部「貴族院の自称図書委員V」 2018年12月10日
18巻 第四部「貴族院の自称図書委員VI」 2019年3月9日
19巻 第四部「貴族院の自称図書委員VII」 2019年6月10日
20巻 第四部「貴族院の自称図書委員VIII」 2019年9月10日
短編集1 短編集1 2019年10月10日
21巻 第四部「貴族院の自称図書委員IX」 2019年12月10日
22巻 第四部「貴族院の自称図書委員IX」 2019年12月10日
23巻 第四部「貴族院の自称図書委員IX」 2019年12月10日

「本好きの下克上」最新刊、22巻・第五部「女神の化身Ⅲ」は2020年9月10日に発売!(7月1日更新)

本好きの下克上はついに、最終章「女神の化身」に入りました

WEB版で第五部「女神の化身」は、第四部「貴族院の自称図書委員」と同じぐらいのボリュームがあるので

第五部「女神の化身」も同じぐらい発売されると予想すると、あと8巻以上は出るでしょう。

現在、3か月に1冊のペースで新刊が発売されているので

最終巻は2022年の3月か6月に発売されるんじゃないかと思っています。(勝手な予想)

WEB版で全部読んでいるけど、最新刊が出るのは楽しみです!

まとめ

アニメ版は正直言って微妙だったけど、小説版「本好きの下克上」はめちゃくちゃ面白くて、おすすめです!

  • アニメは観たけどまだ読んでいない人
  • 気になっているけどまだ読んでいない人

ぜひ、少しでも興味があるなら読んでみてください!!