FP選手使用感

【ウイイレ2020】FPフェドル チャロフ(10/28)を実際に使用してみた評価と能力値

【ウイイレ2020】FPフェドル チャロフ(10/28)を実際に使用してみた評価と能力値

この記事では

ウイニングイレブン2020の2019年10月28日に登場した

「CSKA MOSKVA Club Selection」の【FP】フェドル チャロフを実際に使用してみた感想と、能力値をまとめました。

使用感については、プレースタイルや好みなどで意見が分かれるかと思いますが、どう使えばいいのかわからない方には参考になれば幸いです。

【FP】フェドル チャロフの詳細と能力

【FP】フェドル チャロフの詳細と能力

 

フェドル チャロフの能力値とスキル・選手長所

フェドル チャロフの能力値とスキル・選手長所

 

フェドル チャロフの能力値とスキル・選手長所2

 

【基本能力】

総合値 Lv.1:85(MAX:Lv.41)
プレースタイル ラインブレイカー
ドリブル突破 ★☆ (星1)
グラウンダーパス ☆☆ (星無し)
フライパス ☆☆ (星無し)

【保有スキル】

軸裏ターン コントロールカーブ
コントロールループ アクロバティックシュート
ワンタッチシュート ワンタッチパス
PKキッカー スーパーサブ

レベルマックス時の各能力値

能力 数値
総合値 95
オフェンスセンス 93
ボールコントロール 89
ドリブル 86
ボールキープ 90
グラウンダーパス 84
フライパス 78
決定力 91
ヘディング 89
プレースキック 78
カーブ 86
スピード 92
瞬発力 96
キック力 88
ジャンプ 78
フィジカルコンタクト 87
ボディコントロール 91
スタミナ 87
ディフェンスセンス 59
ボール奪取 56
アグレッシブネス 71
GKセンス 40
キャッチング 40
クリアリング 40
コラブシング 40
ディフレティング 40
逆足頻度 2
逆足精度 4
コンディション安定度 5
ケガ耐性 3

 

ウイイレにはモラタやメルテンスを筆頭にお馴染みのスパサブ選手がいます。

その中の一人、チャロフがFP選手として登場しました。

ウイイレ2019では、FP選手としての登場はなく、銀玉選手でしたが使用している方が多く、スパサブとして猛威を振るっていました。

ウイイレ2020ではノーマルでも総合値が82、レベマにすると総合値が93と、ノーマルでも十分に強いのに

FP選手ならさらに強化さらているので、スパサブとしてでなく、CFとしてトップクラスの選手でしょう。

どれぐらい強いのか楽しみです。さっそくオンライン対戦で使っていきます。




【FP】フェドル チャロフを実際に使用してみた感想と評価

【FP】フェドル チャロフをスカッドに入れ、オンライン対戦を10試合行いました。

使う前から分かっていましたが、めちゃくちゃ強いです。

まだレベルを上げている途中なんですが、すでに強いです。

スパサブ持ちなので後半からの投入がほとんどですが、スタメンCFの調子次第では、先発起用も有ですね。

FPモラタ、FPマルシャルy、FPメルテンス、FPヨヴィッチなど

今作は優秀なスパサブFP選手がすでに多く登場していますが、すべて持っている人はいないでしょうし

アプリ版では、まだまだ優秀なスパサブFP選手がそれほど出ていないので

【FP】フェドル チャロフを持っていれば、スパサブに困ることはないですね。

 

【FP】フェドル チャロフの評価 (5.0)

 

【FP】フェドル チャロフのおすすめ追加スキルと追加ポジション

スキルトレーナー

【FP】フェドル チャロフにおすすめの追加スキルは

チェイシング」です。

【FP】フェドル チャロフは後半からのスパサブとして使うことがほとんどなので

スタミナの心配をすることなく、相手ディフェンダーに積極的にプレスをかけていけます。

そのため、チェイシングをつけておけば、より積極的にプレスをかけてくれます。

しかし、どうしても付けておけ!というわけではありません。

スキルトレーナーに余裕があるなら考えてもいいかな。というレベルですので参考までに。

ポジショントレーナー

【FP】フェドル チャロフはLWG・RWG・ST・LMFのポジション適正を上げることができますが

【FP】フェドル チャロフをCF以外で起用することはまずないので、ポジショントレーナーを使う必要はありません。

ウイイレ2020FP選手使用評価一覧
【ウイイレ2020】FP選手を実際に使用してみた感想と評価一覧ウイニングイレブン2020に登場し、獲得できたFP選手を実際にオンライン対戦で使用し 選手の特徴や使用感の記事をまとめました。 使用感については、プレースタイルや好みなどで意見が分かれるかと思いますが、どう使えばいいのかわからない方には参考になれば幸いです。 ...
created by Rinker
コナミデジタルエンタテインメント