投資

「ドルコスト平均法」っていうから難しく感じるよね。「毎月平均積み立て購入投資法」でいいんじゃね。

「ドルコスト平均法」っていうから難しく感じるよね。「毎月平均積み立て購入投資法」でいいんじゃね。

投資の世界では有名すぎて、いまさら説明するほどのことじゃなくね?的な

「ドルコスト平均法」

投資初心者には「なんのこっちゃ」ですし

オレも最近知りました。

でも「ドルコスト平均法」って名前を聞いただけでも

いまいちピンときませんよね。

ってことで、もっと日本人の投資初心者にもわかりやすい名前を勝手につけました。

そもそも「ドルコスト平均法」って何ですか?

そもそも「ドルコスト平均法」って何ですか?

って感じなので

まずはウィキペディアの説明を見てみましょう。

ドル・コスト平均法(英: dollar cost averaging)とは、

株式や投資信託などの金融商品の投資手法の一つ。定額購入法ともいう。

金融商品を購入する場合、一度に購入せず、資金を分割して均等額ずつ定期的に継続して投資する。

例えば「予定資金を12分割して、月末ごとに資金の1/12を投入し、一年かけて全量を買う」という手法。

参照:ウィキペディア(ドルコスト平均法)

1度にいっぱい買うのではなく

毎月または決められた日数ごとに、一定額の金融商品を購入していく投資法です。

積み立て貯金の投資版ですね。

高いときに買うこともあるし、低いときに買うこともあるので、値動きが激しい金融商品の場合はリスクがありますが

そこまで値動きが激しくない金融商品には最適な投資法です。

投資初心者におすすめな投資法

貯金の場合は、毎月一定額を貯金していきますが、

ドルコスト平均法は、毎月一定額の金融商品を買います。

貯金をするのか、金融商品を買うのかの違いです。

毎月一定額を購入していくので、相場を見て予想する必要がないため

投資初心者におすすめな投資法と言われています。

「ドルコスト平均法」のメリット・デメリット

「ドルコスト平均法」のメリットは先ほどいいましたが

投資初心者でも簡単にできること

銀行口座からの自動購入設定をしてしまえば、勝手に金融商品を購入してくれます。

金融商品の値が高いとや低いときなんて関係なく、決められた日に、決められた金額を購入するので、短期的にみると「高いとに買ってしまったー」となりますが

10年とか20年の長期投資でみると、購入金額が平均的になるので、心配いりません。

「ドルコスト平均法」のデメリットは

購入するたびに手数料が取られる

銀行で投資信託や株を買う場合はめちゃくちゃ高い手数料を取られます。

しかもこの手数料は購入するたびに取られるので

銀行で金融商品を買い、ドルコスト平均法で運用しようとすると、いくら値があがったとしても手数料で損失の方が大きくなる場合があります。

ネット証券では購入手数料が無い投信信託がありますし

購入手数料が一切かからないウェルスナビなどがありますので

ドルコスト平均法をおこなう場合は、こういった金融商品を選びましょう。

「毎月平均積み立て購入投資法」でいいんじゃね。

以上の説明で、「ドルコスト平均法」についてなんとなく理解できたかと思いますが

「ドルコスト平均法」の名前と中身があんまり合ってない気がしませんか?

もともとは、ドルを買って外貨預金するときにできた名前なんでしょうが

いまでは、投資全般に使える投資なので

もっとわかりやすくて、投資初心者が聞いてもすぐに理解できるような名前の方がいいとおもうんですよ

そこで、「ドルコスト平均法」ではなく

「毎月平均積み立て購入投資法」

なんてどうでしょうか。

☆毎月

☆一定額(平均的に)

☆積み立てて

☆購入する

ので「毎月平均積み立て購入投資法」

「毎月平均積み立て購入投資法」だと長いので、ちょと短くして

「毎積法」

さらにポップにして

「マイツミー」

これなら、日常会話にも溶け込むでしょう

投資初心者
投資初心者
オレ、今月から「マイツミー」始めたんだ
投資初心者
投資初心者
えーいいなー。私も「マイツミー」始めようかなー

こんな感じに。

ドルコスト平均法よりも馴染みやすくなりましたよね!

まとめ

「ドルコスト平均法」でも「マイツミー」でも、正直どっちでもいいんですが

投資初心者には

毎月一定額をを積み立てて投資する

「ドルコスト平均法」がおすすめです。

https://yoshidawataru.com/archives/toushinavi.html