雑談

スキルとスキルの掛け算で自分の希少価値を高めていく。

eau de parfum (5)

オレ自身は正直、一生病院や施設で働き続ける気はさらさらない。

この考え方が良いとか悪いとかではなく、自分の人生をどう生きていくのか、という選択によって変わるわけで、病院でNSTに専念したい人、スポーツ栄養にかかわってオリンピックに同行したい人、それぞれ目標は違う。そうゆう人たちはその分野や業界を登り詰めることで目標を達成できると思う。

正直この管理栄養士という仕事は嫌いじゃない。
ただ、「このまま一生この仕事を続けるのかなー」というネガティブな気持ちになることがある。

だったら興味あることや好きな事を仕事に生かせるなら生かして仕事したい。

せっかく管理栄養士というスキルをすでに持っているなら、管理栄養士に別のスキルを掛け合わせて希少価値を出していく。

どのスキルを掛け合わせていくのか分からない人は、興味があること、好きなこと、今までの人生で時間とお金をかけてきたことを洗い出していく。とりあえずやってみて合わなかったらやめればいい。やりもせずに選択しから外すのは勿体ない。

やっていく中で新たに興味が出てきたことや、好きなことが見つかるかもしれない。

色々試していくなかで、スキルとスキルを掛け合わせて自分の希少価値を高めていく。

ただこの考え方で重要なことがある

まさにこれ。
いくら希少価値を高めて日本に1人だけの人材になったとしても、そこで価値を生み出せないと意味がない。

需要がなくても新しい価値を提供することで、そこに新しい需要が生まれる可能性がある。

いきなり結果なんて出ない。
少しづつクレジット(信用)を積み重ね、いづれ芽が出て成長し花が咲くことを信じやっていく。

世の中の仕事の50%以上はAIに任せられ、年金や各種保障がもらえるかどうかもわからない未来で生き残る手段として、個人の希少価値を高め新たな価値を作っていくことが重要になるだろう。

つーかぶっちゃけえ
好きな仕事して毎日楽しく人生過ごしたいんすよ。