投資

栄養士の給料ってマジで低いから、栄養士こそ投資をしたほうがいいよ。

栄養士のお金事情

こんにちは。
管理栄養士の吉田くん(@eiyoushiyoshida)です。

今回は栄養士・管理栄養士の「お金」事情についてお話します。

栄養士の給料は低い

平均年収.JPによると
栄養士の平均年収は340万円
平均月収は21~28万円
年収範囲は322~500万円
と表記されています。

オレが今まで栄養士として働いてきた経験からいうと
栄養士で月収(手取りではなく総支給)28万円は、かなり残業や休日出勤しないと貰えない額だよ。

管理栄養士を取る前の委託時代だと、月間残業20時間で給料(総支給)は21万円ぐらいだった。

20代前半の年齢で月収21万円。ボーナスが年2.2か月分ぐらいだったので、年収は298万円ぐらい。毎月20時間残業して年収が298万円だ。

ちなみに
20~24歳までの平均年収が320万円みたいなので、栄養士の平均年収からみると上回っているが、年齢でみると下回っている。

栄養士の年齢別年収をみたときに、1番高い年齢で50~54歳の298~408万円だ。

1番高くても年間で408万円しか稼げない。50代男性の平均年収は642万円、50代女性の平均年収は475万円みたいなので、栄養士として稼げるピークに達しても平均年収以下というのが事実だ。

管理栄養士の給料は国家資格の中だと絶望的に低い

栄養士の最もポピュラーなステップアップは、管理栄養士の取得だ。

ふたたび平均年収.JPをみてみると
管理栄養士の平均年収は430万円
平均月収は16~29万円
年収範囲は280~410万円
と表記されています。

なぜか栄養士よりも平均月収の範囲が広くなっています。月収(総支給)16万円とかバイト並でしょ。国家資格のはずなんですけどね。

管理栄養士は、病院などの医療福祉施設で働く人が多いので、医療福祉関連の国家資格の年収も見ていきましょう。

資格名 平均年収
医師 1,098万円
放射線技師 615万円
正看護師 586万円
薬剤師 532万円
保健師 476万円
作業療法士 471万円
言語聴覚士 456万円
助産師 449万円

平均年収.JP参照

こうやって見てみると「なんや、管理栄養士もそんなに言うほど低くないやん!おおげさなやー」と思いますが、首都圏の管理栄養士求人が平均年収を爆上げさせているだけで、地方の管理栄養士の平均年収は300万円そこそこです。

さらに、別のサイトでは管理栄養士の所有者の平均年収が288万円。というデータもあります。

管理栄養士の資格を持っている人の平均年収は、リクナビNEXTのデータによると288.1万円。20代で267.9万円、30代で331.2万円、40代になると371.9万円、50代が355.3万円となり、30代以降の年収の増加が鈍いという特徴があります。
福祉系の仕事での主な働き先は、特別養護老人ホームや介護施設、保育園など。そのほかにも身体障碍者施設や児童施設などでは専門的な知識が必要とされる食事内容も多いため、管理栄養士が必要とされています。民間の医療福祉関連の企業で働く管理栄養士の平均年収は270.6万円。20代で平均250.2万円、30代で313.6万円、40代で388.5万円と少しずつ上がっていきます。
参照:リクナビ

さらに夢を打ち砕く話をすると「北海道在住・療養型病院勤務・30代男性」の2017年度総支給額は243万円で、手取りは152万円でした。

他の職種に比べたら年収が1/2ですよ!!半分だよ半分!!
マジやってらんねえ。

なぜ、管理栄養士の年収が低いのか

それは、業務独占ではなく、名称独占だから。

医療行為は、医師免許を持っている人でないと行いえないし、薬も薬剤師じゃないと扱えない。
そんななか、栄養指導は別に誰がやってもいいんです。ただ管理栄養士がやると点数が加算できるから管理栄養士がやっているだけのこと。

さらに、医療行為や服薬はずぐに効果が期待できるが、食事ははっきりとした効果が出るまで時間がかかる。

以上の点から、管理栄養士業務の診療報酬点数が他の職種よりも低いので、その分給料も低い。

給料が低いと悩んでいるなら投資をしよう

最近では、NSTや食事療法に力を入れ、管理栄養士の待遇がいい病院もありますが、老健や特養・保育園などで勤務している管理栄養士さんには、パラレルワールドみたいな話です。

給料が低いと悩んでいるなら、投資をしましょう。

正直、投資なんてどうすればいいのか全くわからないし、なんか怪しい。なんてイメージもあると思います。ですが、投資というのはお金にお金を稼いでもらうことです

自分はほとんど何もせず、お金にお金を稼いでもらいます。
「そんなうまい話があるならみんなやってるやろ!」!なんて思いますよね。でも、みんなやっていないんですよ。それはめんどくさいから

取引用の口座を開設して、お金を入れて、投資信託を買う。

このステップをめんどくさがってやらないんです。免許書やマイナンバーの情報を入力したり、色々な規約を読んだり、確認書類を入力したり必要があります。正直、オレもめんどくさいと思いました。でもこのステップをクリアすれば、あとはお金がお金を稼いでくれます。

もちろん、投資した金額よりも減ってしまう元本割れのリスクもあります。ですが、なかなか給料が上がりずらい栄養士として働いていくなら10年、20年後を見据えて投資をしていきましょう。

なにも最初から株取引をしろなんていいません。
まず最初は、投資信託ロボアドバイザーをオススメします。

なぜ投資信託とロボアドバイザーをおすすめするのか?

それはリスクが少ないから

投資信託は、何十種類もの株式や債券を投資のプロが組み合わせた商品でリスクが少なく長期的な投資に向いています。
ロボアドバイザーは、あなたにあった投資プランをAIが作成し、それに基づいてAIが勝手に投資してくれるので、投資初心者にはぴったりです。

投資信託を買うなら、楽天証券
ロボアドバイザーを利用するなら、ウェルスナビテオ
がおすすめです。

まとめ

年金制度の破綻や、物価の上昇、デフレスパイラルなど、明るい未来がみえないこのご時世、今からもっとお金について向き合って考えてみませんか?