委託栄養士

直営ではなく、給食委託会社で働くという選択肢。

直営ではなく直営で働く

委託栄養士という選択肢

結論から言うと、管理栄養士ならともかく、短大や専門学校卒で栄養士として就職するなら、給食委託会社はベターな選択だと思う。

事業所のチーフやマネージャー、営業にもよるけど、働きやすい現場と働きにくい現場はもちろんある。ピンキリで。

盛り付けや調理、仕込みばかりで全く献立作成や事務仕事ができないところもあるし、新卒でいきなりチーフやらされて事務所に籠りっきりのところもある。どっちが良くてどっちが悪いは無いし、それは会社や施設の都合なので合う合わないが当然出てくる。

ただ、栄養士として給食委託会社で働き、合わなければ辞めればいいし、そこから管理栄養士を取得して、施設側の栄養士になりたいと思えば、国家試験に向けて準備を進めればいい。

短大卒、専門卒ならなおさら給食委託会社から

オレも短大を卒業して就職したのは給食委託会社だった。業界で知らない人はいない日〇医療食品。

支店の同期は入社時に100人もいたのに、1年が過ぎると同期は半分も残っていなかった。

現場は常に人手不足。残業は当たり前にあり、パートさんが休む代わりに現場に出なきゃならないし、休日出勤もあった。

最初は療養型の病院配属され、チーフとして老健に異動し、その後新規立ち上げ施設のチーフとして、計3施設に関わった。人間関係はどの職場でもやっかいな問題だし、ほとんどの仕事に人間関係はつきものだけど、嫌な事があれば楽しい事だってある。

初めてチーフとして配属された施設は楽しかった。
飲み会や大勢の場が苦手な人には苦痛なだけかもしれないが、職員の平均年齢が低く、同世代が多い施設だったこともあり、オレは積極的に施設の飲み会に参加したし、オレから企画することもあった。法人全体で行う忘年会だって参加した。委託会社の栄養士としてではなく、その施設に勤務する職員として接してくれたので、ボーナスもくれた。

次にチーフとして配属された施設では、一身上の都合により委託会社自体を退職したが、施設長から花束と激励のお言葉を貰った。

まとめ

委託会社だからブラック。というわけではなく、上司や同僚、パートのおばちゃん、施設の職員など、結局は職場の人間関係によってかわるから、一概に給食委託会社はブラックとは思わないでほしい。

たとえ管理栄養士を取って、直営の栄養士になったとしても、ブラックな施設だってある。

オレは給食委託会社での経験が、今の直営施設(一度も委託会社が入っていない)で役立っている。

直営施設の中にはびっくりするぐらい衛生意識が低く、献立だって何十年も変えず回し続けたり、パソコンすらなく、すべての書類が手書きの施設もあるから、委託会社とのギャップにびっくりすることもあるだろう。

なので、頭ごなし委託は嫌だ!というは勿体ないし、栄養士として働くのであれば選択肢として有りだと思う。