投資

仮想通貨について中途半端な知識しかない投資初心者が、改めて1から仮想通貨について勉強してみた。

仮想通貨って何?

 

こんにちは。
管理栄養士の吉田くん(@eiyoushiyoshida)です。

仮想通貨の口座を作ったはいいものの、友人からの「結局、仮想通貨って何なの?」という質問に答えられなかったので、これを機に1からちゃんと仮想通貨について勉強しました。

勉強する為に使用したのがこちらです。

【参考書籍】

 

そもそも仮想通貨って何?

「仮想通貨」という単語は知っていても「仮想通貨ってそもそも何なの?」や「仮想通貨ってビットコインのこと?」と、仮想通貨について知らない人の方が多いのではないでしょうか。

仮想通貨(かそうつうか、英語: virtual currency)は、デジタル通貨の一種で、開発者によって発行され、通常は管理され、特定の仮想コミュニティのメンバー間で使用され、受け入れられているものを指す。
引用:wikipedia(仮想通貨

上記であれだけ参考書籍を紹介したのに、まずwikipediaから参照させて貰いました。

仮想通貨とは、デジタル(電子データ)のお金です。紙幣やコインのような実体はありません。

日本円などは、中央銀行などで国家が主体となり発行・管理されていますが、仮想通貨は開発者によって発行されます。

現在、仮想通貨は1000種類以上あるといわれています。ビットコインも仮想通貨の一種です。

ビットコインは「お金」というイメージがある人も多いでしょう。しかし、実際には「お金(紙幣・硬貨)」は存在しません。ビットコインは「電子決済システム」です。システムが「お金」という概念を生み出しているだけです。
参照:ビットコインの全てがわかる本

もしも、オレが1BTC持っていたとしたら「吉田1BTC所有」というデータがあるだけです。

なぜ、ただのデータにお金としての価値があるのか?

紙幣や硬貨ではない、データだけの仮想通貨になぜ価値があるのか?

円やドルに価値があるのは、みんなが価値があると信じているからです。信用こそがマネーの本質で、ビットコインの場合は「誰も偽装・改変できない」「特定の国や人の支配をうけない」「有限である」事が信用を担保しています。
参照:いまさら聞けないビットコインとブロックチェーン

信用があるからこそ価値があるわけですね。逆に、この信用が無ければ価値が無いというわけです。

日本円などのお金はもともと、「金と交換できる紙」でした。常に金を持ち運ぶのは重いし面倒くさいので、金を預けて担保とし、金と交換できる紙を発行したのが紙幣の始まりです。

金になぜ価値があるのかと言えば、皆が金の価値を認めているから、というだけなのです。もし、「金は実は砂とまったく同じ成分だった」という発表があったら、金はただの石ころになってしまいます。「皆が価値を認めている」という相対的な価値があるだけなのです。
参照:2時間で丸わかり仮想通貨の超入門書

このことから、データだけの仮想通貨(ビットコイン)になぜ価値があるのか?それは、みんなが「この仮想通貨(ビットコイン)には価値がある」と認め信用しているから価値があるんですね。

仮想通貨ってビットコイン以外にもあるの?

上記にもちょこっと書きましたが、現在、仮想通貨は1000種類以上あるといわれています。

「仮想通貨と言えば、ビットコインのことだ」と思い込まれている方も多いと思います。しかし、実際にはビットコインの仕組みを真似した(あるいは修正を加えてた)仮想通貨がたくさん出てきています。これらのビットコインに類似した仮想通貨のことを「アルトコイン」と呼びます。
参照:AfterBItcoin

記憶にも新しい、コインチェック社の仮想通貨盗難事件。そこで盗難にあったのが、「NEM-ネム(正式にはXEM-ゼム)」という仮想通貨。これもアルトコインの一種です。

ちょっとコインチェック社のセキュリティーが甘かっただけで、盗んだ犯人が1番悪いに決まっているのに、あんなにメディアにも叩かれ、集団訴訟もされなんだ可哀想ですよね。コインチェッ社も被害者なのに。

ネム(NEM)の他にも
イーサリアム(ETH)
リスク(LSK)
モナコイン(MONA)
リップル(XRP)
と沢山のアルトコインがあります。

ここらへんが日本でも取引や売買できる有名所なアルトコインでなないでしょうか。

なぜ、仮想通貨(ビットコイン)は信用を生むのか?

通貨といえども、それは仮想の通貨で、しょせんはデータです。

なのに、なぜ信用を生み価値があるのか?

それには、仮想通貨の背骨と言っていい「P2Pネットワーク」と「ブロックチェーン」という2つの技術が関わっています。

P2Pとは

インターネットに接続した一般ユーザーの複数パソコン同士が互いのIPアドレスを呼び合う直接通信が挙げられる。P2Pによるネットワークはオーバーレイ・ネットワークの一つに数えられる。
参照:wikipedia(P2P

オーバーレイ・ネットワークが何なのか詳しくは調べませんでしたが、ようは、世界中のみんなが繋がっているし、みんながみれるから不正操作や改ざんとかしたらすぐに見つかっちゃうよ。という技術ですね。

ビットコインの場合は、過去のすべての取引記録を世界中のコンピュータで保存・共有しているので、不正が行わわれるとすぐにバレれてしまうから、信用が生まれるのですね。

ブロックチェーンとは

「ブロック」と呼ばれるデータの単位を一定時間ごとに生成し、鎖(チェーン)のように連結していくことによりデータを保管するデータベースである
参照:wikipedia(ブロックチェーン

取引記録や、今まで誰がどのぐらい保有していたのかを全て記録してあるデータが、各ブロックごとに1本のチェーンのように繋がっています。

このデータは1本のチェーンのように繋がっていて、枝分かれはしません。

誰かがデータを一部改ざんしたり、枝分かれさせたら、P2Pによってデータが共有されていて世界中のみんながみれるので、すぐにバレてしまいます。

この「P2P」と「ブロックチェーン」によって仮想通貨(ビットコイン)は信用を生み、価値があるとされています。

仮想通貨って儲かるの?

これは、だれにもわかりません。

「この仮想通貨は〇年後に何倍になるので今から買いませんか?」なんて言われたら、十中八九それは詐欺なので無視してください。

もしも、オレがそんな仮想通貨を見つけたら、誰にも言わずに黙って全財産ぶっ込みますよ。

仮想通貨によって1億円以上の利益を得た人は確かにいます。今話題の「億り人」と言われている人たちですね。

2017年よりも前、まだまだ仮想通貨(ビットコイン)の価値が今よりももっと低かったときから仮想通貨(ビットコイン)を保有していて、2017年の中旬から正月にかけて仮想通貨(ビットコイン)の価値が、爆発的に上がった時期に売った人たちです。

仮想通貨も、株などと同じように、売りたい人が多いと価値が下がり、買いたい人が多いと価値が上がります。

みんな、価値が下がった時に買って、上がった売りたいと考えているので、価値が上がったり下がったりを繰り返します。

まとめ

以上、仮想通貨の基本を改めて勉強しなおしてみました。

まだまだ理解出来ていない部分もあり、本を読み込み勉強する必要がありますが、これを覚えておけば、仮想通貨初心者は抜けだし、仮想通貨を全くしらない人にも簡単には説明できるだけの知識がついたと思います。

イケハヤさんのブログ「まだ仮想通貨持っていないの?」のタイトルでもあるように、これから上がるか下がるかわからない仮想通貨ですが、少額から買えるので、損をしてもいい金額内で買っておくのをおすすめします。