ビジネス書

【いまさら聞けないビットコインとブロックチェーン】という本をおすすめしたい。

ビットコインとブロックチェーン

世界中から熱い視線が注がれているビットコインですが、はたしてそれがどんなものなのか、よくわからないという人が多いのが現状です。
ビットコインは仮想通貨(バーチャルカレンシー)といわれますが、バーチャルなだけに、
手に取って触ることができないため、それがどんなものか、意外と知られていないようです。

こんにちは。
管理栄養士の吉田くん(@eiyoushiyoshida)です。

おすすめしたい本があるので、勝手におすすめします。

いまさら聞けないビットコインとブロックチェーン

 

なぜこの本を選んだのか

2017年からなにかと話題の仮想通貨。ニュースなどでその名前と存在は知っていいるけどいまいちわからない。ネット界隈では「億り人」なる仮想通過で億単位で稼いだ人が続出しているといないとか。

そんな仮想通過について勉強しようと思い手に取ったのがこの本でした。

読んでみた感想

そもそも仮想通貨、ビットコインとは何なのか?というところから丁寧に書いています。現金とはどう違うのか。クレジットカードとはどう違うのか。同じく存在がないがお金として使える各種カードの「ポイント」と何が違うのか。

そして、投資先としてなぜ仮想通貨がいいのか。特に中国人に仮想通貨が人気なのはなぜなのか、という項目では、短い文章でしたが、日本人には馴染みのない「人民元」の不思議な規則が関わっているのがわった。

仮想通貨を語る上では欠かせないブロックチェーンについても、テレビのニュースではほとんど取り上げられないし、基礎知識すら無い状態でも、この1冊である程度理解できました。

そして1番興味を引いたのは「マイニング」。日本で「掘る」または「採掘する」という表現が使われているみたいですが、専用の機械を使い、仮想通貨の認証を確定するための「鍵」をいち早く探せた人に報酬として仮想通貨が与えられるみたいですが、アメリカのゴールドラッシュのように、金を見つける人より、金を見つける人に道具を売る人が1番儲けた。という話を思い出し、このマイニングも同様に、マイニングする人より、マイニングできる機械を売る人の方が儲けているのかなと想像した。まさに現代のゴールドラッシュだなと。

仮想通貨の種類は1500種類以上あるみたいですが、日本の取引所・販売所で扱っているのはせいぜい30種類ほど。コインチェック社の仮想通貨盗難事件でも話題になったNEM(ネム)という仮想通貨は、ビットコインしかしらない世間の人達が、ビットコイン以外の仮想通貨の存在を知る事件になりましたね。これを機会に「仮想通貨とはなんなん?」と思ったり考えたりした人もいるでしょう。

私、個人的にはETH(イーサリアム)とLisk(リスク)あたりを保有したいと考えていたので、この本はビットコインと銘打ってはいますが、ブロックチェーンも含めた仮想通貨全体を知る上で欠かせない1冊なのではないでしょうか。

こんな人におすすめ

仮想通貨に興味があるけど、仮想通貨って具体的に何なの?て人はもちろん。仮想通貨って何か怪しい、危険かも、詐欺なんじゃないの?とか仮想通貨にあまりいい印象を持っていない人ほど読んでもらいたい。

知らないからといって、知らないままにしているのも自由ですが、少しでも仮想通貨の事が気になるなら、この本を読んでみてください。

 

まとめ

爆上げと暴落を繰り返している仮想通貨ですが、長期的な投資としてメリットがありそうなので、もうちょっと勉強してみます。そのためにもこの1冊は手放せない1冊になるでしょう。